公務員宿舎のあり方に関する提言 -座長代理-

朝霞宿舎の再凍結を機に、公務員宿舎のあり方について、国民から再び厳しい目が向けられている。当WTでは、「真に必要な宿舎とは何なのか」を徹底的に検証し、さまざまな観点からその必要性を議論するとともに、既存宿舎の削減可能性についても検証を行った。また、必要であろうと考えられる宿舎についても、その確保の仕方について民間の視点も踏まえて検討を行った。

公務員宿舎のあり方に関する提言(PDF)

タイトルとURLをコピーしました