参議院議員(埼玉県選挙区)こうだ邦子公式サイト > 国会活動 > 倫選特別委員会質問

倫選特別委員会質問

2018年07月09日

政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員会において、参議院の選挙制度を改正する公職選挙法改正案の審議が行われました。希望の党は自民党案の対案となる独自法案を参議院に提出し、自民党案、希望の党案等に対して質問を行いました。

自民党案は、議員1人当たりの有権者数が最も多い埼玉選挙区の定数を2増し、比例代表は4増し各党が事前に定めた順位に従って当選者を決める「特定枠」を導入するというもので、これに対し希望の党案は、自民党案の対案という形で、福井県と石川県を合区とし、埼玉県の定数を2増やすというものです。2増2減をすることにより、一票の格差を3.07倍から2.816倍まで減らすことができる優れた案となっています。