本日12時に、私が希望の党に提出しておりました離党届が受理されましたのでご報告申し上げます。

今年1月に、参院選に出馬しないことを皆様にご報告させて頂き、その後、5月9日に埼玉県知事選挙への出馬の決意を表明致しましたが、この間、党の先輩・同僚議員とは、埼玉県政の課題や、知事と議会の対立関係など県政の状況について、また、私の埼玉に対する思いなどをお伝えし、様々なアドバイスも頂いてまいりました。

この度あらためて、知事選出馬にあたり、より多くの埼玉県民の皆様に私の埼玉に対する思いをご理解頂き、ご支持頂くために、希望の党を離れて知事選に臨みたい旨を申し上げたところ、離党をご承認頂いた次第です。

私が党を離れることにより、党関係者や議員の皆様にご迷惑をおかけすることを大変申し訳なく思っておりますが、先輩・同僚議員の皆様が、私の知事選への挑戦にご理解を示して頂き、こうして送り出して頂いたことに、感謝の思いでいっぱいです。

本日を持ちまして、希望の党を離れることとなりますが、希望の党が掲げる「改革保守」を胸に刻みながら、埼玉県知事選挙に臨んでまいります。