希望の党は、以前より作成していた公選法改正案を立憲民主党と共同提出しました。