渡辺よしみ代表を迎えての初日での街頭演説会は、共感と熱気を感じさせる会となり、出陣式に相応しいときとなりました。
松本佳和県支部代表の開会の挨拶で始まり、山内康一衆議院議員が選対本部長としてのご挨拶、そこに生活の党の友情応援として小宮山泰子衆議院議員がマイクを持ち、こうだ候補とがっちり握手をしました。続いて来賓のご紹介をした後に、こうだ邦子の心を込めた改革、前へ前への思いを演説させていただきました。
出陣式1
そこに渡辺代表が到着され、まずはだるまの目入れを行い、しかる後に約25分あまり日本の政治状況や改革について持論を語られました。
「政治を絶対にあきらめないで欲しい」「埼玉ではこうだ邦子」と駅前に代表の声が響きました。
出陣式2