参議院議員(埼玉県選挙区)こうだ邦子公式サイト > ブログ

ブログ

「政治分野における女性の参画と活躍を推進する議員連盟」活動報告

2016年07月19日

ご存知でしたか?日本の国会における女性議員の割合は、衆議院が9.5%で190か国中156位、OECD34か国で最下位(下院比較)、参議院は先日の参院選で増えたものの20.7%%と極めて低い状況にあります。「多様な意思を反映する国会として、もっと女性議員を増やしたい!」このような思いで昨年2月、「女性の政治参画推進議員連盟(略称)」を立ち上げて以来、私が事務局長を務めてまいりましたが、自民党から共産党まで全ての政党の参加によって、国会議員60名にまで拡大しました。

CIMG3474 CIMG6383

議員連盟の活動は、諸外国からは関心を持って頂き、昨年10月にはスウェーデンから来日されたオーサ・レグネール大臣と意見交換、昨年秋には私的に韓国ソウルに訪問して中央選挙管理委員会のキム・ヨンヒ事務総長らと懇談、今年3月に来日されたノルウェー王国国会議長・副議長団との懇談会など、対外発信にも取り組んできました。

CIMG6159 DSC_0087

通常国会では、「政治分野における男女共同参画推進法案」と、衆議院の比例重複候補者において男女交互の当選を可能とする「公職選挙法の一部改正法案」の2本について、私が中心となって立法作業を行い、全党一致で成立させるべく進めてまいりました。会期末の5月下旬になり、ようやく各党での法案了承の動きが出てきましたが、条文修正の調整や全党の承認を得るには至らず、時間切れとなってしまいました。その結果、民進党が、自民党・公明党の党内合意を待てないとの判断から、会期末ぎりぎりに単独で法案提出に踏み切ってしまったことは、全党一致を目指してきた私としては、大変残念でなりません。法案提出というパフォーマンス合戦ではなく、女性議員増加の実績で競い合う政治状況に変えて行きたいと考えています。

CIMG6991 CIMG6993

参議院初当選当初は、「議員を選ぶのは有権者なのだから、自然に女性議員も増えるだろう」と考えていましたが、諸外国の議員と意見交換したり取組みを調べると、各国とも、法制度を変えたり、政党があらゆる努力をしているからこそ女性議員が増えていることがわかり、日本でも時限的に法制度を変えて後押しをする必要があると認識を変えました。ドイツ、韓国、台湾、イギリス、そしておそらくアメリカでも女性の国家リーダーが登場する中で、日本の政治においても、女性が力を発揮すべきと感じています。

参議院会派「元気・維新の会」への参加を見送り

2016年01月07日

参議院会派「元気・維新の会」への参加を見送りました。

本日9時、日本を元気にする会と維新の党が、参議院において統一会派の届け出を行い、記者会見も行われました。

私は、昨年1年間は、無所属議員として日本を元気にする会・無所属会に所属していましたが、統一会派への参加は見送り、当面、無所属として活動を続けることに致しました。

「元気・維新の会」への参加を見送った理由は次のとおりです。

1.「元気・維新の会」は、民主党との合流を視野に入れた会派結成との見方もされており、私自身はこうした会派に参加する気持ちはありません。

2.公党2党が統一会派を組むにはあまりにも拙速過ぎます。民主党と合流し野党大同団結を目指すのか、第3極を維持するのか、会派を組む前に、まず、両党は、お互いの立ち位置をはっきりさせることが先ではないかと感じました。

3.一連の流れの中で、無所属であるためのせいか、交渉の進捗状況や届け出日時や記者会見などの連絡が滞り、情報不足の中で、判断には時間がかかるため、見送ることにしました。

今朝、会派に参加するかどうかの判断について、情報発信なども含めてもう少し時間が必要である旨を松田代表に伝えたところ、やはり今朝届け出と記者会見を行うので会派を離脱してほしいと言われ、やむなく了承しました。(会派の退会は会派の代表が院に届け出を出せば、自動的に離脱となります。)一旦会派を離脱させられたわけですので、大きな環境の変化がない限り「元気・維新の会」には参加しないつもりです。

旧みんなの党のメンバーが会派の下、再結集出来ればと願っていましたが、残念です。

新年のご挨拶

2016年01月01日

謹んで新春のお慶びを申し上げます。

日頃からの皆様のご支援、ご協力に心より感謝いたします。

昨年秋から第3極(保守系改革政党)を消滅させないために、みんなの党復活など同僚議員とも話をしてきましたが、実現に至らず、私自身は無所属で新年を迎えました。会派は引き続き、日本を元気にする会・無所属会の所属となります。今年は年明け早々、1月4日から通常国会が始まり、補正予算、本予算の審議に加え、外交安全保障、TPP、消費税軽減税率等々、本格的に論戦がスタートします。何でもかんでも反対の野党ではなく、政権与党の暴走に歯止めを効かせながらも、良い政策はしっかり後押しし、修正案や対案を提示する是々非々の野党の姿勢で臨んで参ります。

今年も皆様と直接接し、生のお声をお聞かせ頂くために、埼玉県中を駆け巡ります。本年もよろしくお願い致します。